HO 点字ブロック


ホームや駅前広場、歩道などに使われている点字ブロックです。

 

実物はかなりデコボコしていますが、スケールどおりに作ると非常に薄くなります。

模型では印刷がお手軽なのですが、あえてレーザー加工で凹凸を彫刻して点字を表現しました。

素材は0.15mm厚の紙シールを使い、着色してあります。

またハーフカットもしてあり、ピンセットで剥がして貼るだけで設置できます。

 

azusacraftの対向式・島式ホームには点字ブロックを貼るスペースがあり、上手く収まるようにデザインされています。

 

パターンは3種類あり、Aタイプ(点状警告ブロック)、Bタイプ(線状誘導ブロック)、Cタイプ(新ホーム用ブロック)になります。

1シートはA6程のサイズになり、全部つなげると1.5m以上の長さになります。

 

一昔前のホームはAとBを、2000年以降に改修されたホームはCをメインにAとBを組み合わせて使われています。

 

1970年代から普及が始まり、80年代には主要駅に、90年~2000年代には歩道や公共施設、ローカル私鉄ホームにまで広まりました。

駅でのアナウンスも「白線の内側に~」から「黄色い線の内側に~」に替わりましたね。

使い方で時代が表現できるので、設定により使い分けてください。

 

補償がつかなくてもよろしければ、クリックポスト185円で発送します。

 

(写真に写っているホーム・跨線橋・レール・工具などは付属しません)

 

 


 

 

HO 点字ブロック

 

 販売価格

A(点状警告) 800円(税込み)

B(線状誘導) 800円(税込み)

C(新ホーム用)800円(税込み)