列車見張り台


柱や階段、手すりなどは実物同様L型アングルになっています。

台上の縞鋼板も彫刻で凸凹をつけました。実際とほぼ同じ構造で再現してあります。

見通しの悪いカーブの入口や切り通しの上によく設置してありましたが、最近は見なくなりましたね。